ニキビが感染するって知ってましたか?

 

何日も洗っていないファンデーションのスポンジを電子顕微鏡で覗いてみると…
大量のアクネ菌がウジャウジャうごめいているそうです…(゚(゚(゚Д゚)!?

アクネ菌は常在菌なので誰の肌にもあるそうです。皮脂分泌が増えると増加するそうです。また、スポンジやパフ、ブラシといったメイク道具にもアクネ菌はついているので、ニキビ肌の人のブラシを借りるとかはアクネ菌が増えてしまう可能性があるそうですヨ~。怖いですね!

人のメイク道具を借りて使う事はやめましょうね。
自分のスポンジもせめて3日に1回は洗わないと…どんなにニキビをケアしてもムダかもしれませんヨ!

 

大人ニキビって…痕が残りやすい!

大人女性のニキビの原因は、大きく分けて2つあるそうです。
1.体質や食生活、加齢によるもの
2.ストレスによるホルモンバランスの乱れ
この2つが大きな要因なんだそうです。

ストレスがかかると男性ホルモン値がアップして皮脂分泌を過剰にしてしまいます。大人ニキビとは皮脂の過剰分泌を背景にした活性酸素病だんだそうです。

皮脂分泌が過剰に増えると毛穴というホースが詰まって膨らんでしまいます…。
いつまでも皮脂が詰まってると大変なので細胞はリパーゼという酵素を出してこの皮脂を分解しようとします。⇒油が有利脂肪酸に分解される。

有利脂肪酸は活性酸素を出してしまうんです。これが皮膚に炎症を起こしてしまって赤ニキビになってしまいます。炎症を起こすと皮膚深層部の組織まで溶かして破壊してしまいます。それが色素沈着やニキビ痕になりやすいんです。

このようなストレスニキビは男性ホルモンが影響しているので、ちょうど男性のヒゲの生える場所に女性はニキビができるということも良く言われています。

活性酸素を除去して、皮脂分泌を抑制するのに有効な成分はビタミンC、フルーツ酸、油溶性カンゾウエキス等。ビタミンCの中でも水溶性のビタミンC誘導体は、カサつくのにニキビが出来る人にお勧めです。また、ストレスに負けないように、神経細胞を活性化するビタミンB群もニキビに効果的だそうです。

 

 

 

 

ニキビをつぶすと痕になりやすい!

赤ニキビになってしまったら、自分でケアするよりも皮膚科での治療が効果的です。炎症を起こした赤ニキビは、毛穴の詰まりにフタをしているようなものです。

ケミカルピーリングで角質を柔らかくして剥がしてあげると皮脂の分泌もよくなって盛り上がった皮膚も平らになります。

ケミカルピーリングとは、薬を塗って皮膚の角質部分を取り除いて、美しい肌にしていく治療法です。
スキンケア目的のケミカルピーリングが主流ですね。グリコール酸や乳酸などのフルーツ酸、サリチル酸などを使っています。殺菌作用もあるので、膿みをもった赤ニキビも鎮静させる効果があります。

盛り上がったニキビには治療法がありますが、凹んだニキビ痕を完全に平らに戻すのは今の医療でも難しいそうです…・゚・(ノД`)・゚・。

クレーターと呼ばれている凹んだニキビ痕は、赤ニキビの状態になっただけでも起こる場合があります。炎症で周りの組織は溶かされるのでくり抜いたように皮膚が陥没します。

でも一番クレーターを作りやすいのは…自分でニキビをつぶしてしまうことです!溜まった酸化物質が外に出ないで、かえって組織内に広がってしまってますます炎症がひどくなって真皮まで凹んでしまうんです。

なので、赤ニキビになったら皮膚科にいくのが一番無難かもしれませんネ。クレーターを作ってしまってもレーザーで目立たなくすることができるのであきらめないで皮膚科に行ってみましょう!

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。