手荒れを繰り返さない為のケア

0072q
冬になるとお肌の乾燥が気になりますよね、手荒れに悩まされるという人も多いんじゃないでしょうか。
ささくれやひび割れ、あかぎれ、場合によってはしもやけになってしまうことも…。しっかりとケアをして、冬の手荒れとさよならしちゃいましょう。

手というパーツは常に刺激にさらされています。料理や洗い物、洗濯や手洗いなど、水にふれる機会が多ければ多いほど、乾燥しやすくなります。
水にふれると乾燥する理由は、手は皮脂膜が作られにくいので、水にふれることによって皮脂膜が流されてしまうからです。

また、冬の寒さや冷たい水は、手の血行不良を招きます。
それによって肌の機能が低下することにより、保湿能力も低下してしまうんです。
だからといってお湯を使うと、余計に皮脂膜やセラミドなどが流されてしまい、乾燥がひどくなってしまいます。
それでは、手の乾燥を防ぐにはどうすればいいのでしょう。

 

家事の時はこまめにゴム手袋を

0073q

料理、洗い物や洗濯をするときには、ゴム手袋などを使用することで、水や洗剤に直接手をふれなくて済みます。
面倒臭いと思う前に一度試してみて下さい。手荒れが改善されるはずです。

 

ハンドリームでケアする

0074q
ハンドクリームを使用してのこまめな保湿が、乾燥対策には効果的です。
最近では、オーガニックで香りの良い商品がたくさん市販されていますので選ぶのも楽しいですよね。

 

外出時にも手袋を

0075q
外出時の冬の寒さは厳しいものがあるので、手袋を着用して手を守りましょう。
手袋をうまく使うことと、こまめな保湿ケアをすることが、基本的な乾燥対策になります。

 

手荒れしたら軟膏やクリームで

0076q
手荒れやひび割れ、あかぎれができてしまったら、ひび割れを軟膏やクリームで保護するよう対処しましょう。
絆創膏を使う場合には、貼りっぱなしにすると症状の悪化を招くので注意が必要です。ちなみに、ひび割れが悪化して、肌の表面から真皮層まで達してしまった状態をあかぎれといいます。

 

家事をしながらハンドケア

0077q

最後に、家事をしながらハンドケアができちゃう方法を紹介します。
家事をする前に、ハンドクリームで保湿をします。
潤った状態で、ゴム手袋かビニール手袋を着用。
着用したまま、家事をおこないます。
食器を洗う時などは、お湯を使えばさらに効果倍増です。
ハンドクリームの浸透力がアップするので、手袋を外してみると、しっとりした手があらわれますよ。
ひび割れが悪化して痛くなる前に、普段からのケアをしっかりと行いましょうね。

お勧めのハンドケア商品

ダマスクローズの香り ナールスロゼ

皮膚環境に着目した保湿プラスエイジングケアでいつまでも若々しい肌を保つ働きがあります。バラの女王ダマスクローズを贅沢に50%も配合しています。

35g 2,592円(税込)

詳細はこちら

 

 

 

アステリア スキンプロテクトクリーム

スキンプロテクトクリーム手にスキンプロテクトクリームを塗ると保護膜を形成し、外的刺激から手肌を保護します。水・湯・洗剤でも保護膜は壊れないので安心して家事ができます。

50g 900円(税別)

詳細はこちら

 

 

 

コメントは受け付けていません。